読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あっ、こんなとこにあった!」と気付くためのブログ

奇想天外な発想の源はあなたがすでに持ってます。

組織と個人

f:id:tomosann:20170117012501j:plain

だいたい、会社という組織に入る時点で「お仕事ください!」ってことなんですよね。

たいていの場合はです。

そうすると、従業員に対して、「自律して思考せよ!」と言ってもなかなか通じないかもしれないですね。

そもそも、なんで自分が自律的に考えなきゃいけないの?とね。

まぁそれでも中には自律的に動いている人もいますよ。

いやもうちょっと正確にいうと、自律していると「自分では」思っている人、ですね。

 

問題は従業員よりも取締役がこの思考回路だった場合です。

こうなると、下の人間は悲惨です。

まず会社がどの方向にどう進むべきかを考えなきゃいけない人間が考えないんですから。

考えているつもりでもそれまで他人に考えてもらっていた立場だったので、自分にその役割が回ってきても無理なんですよね。。

 

そうすると、どうなるか。

「すいませんでした。自分はそのウツワじゃないんで従業員へ降格してください。。。」

なんてな人間はいません。

無理にでも取締役をやってしまおうとなります。

でも自分じゃまともに戦略を考えられないので、人を頼るか、でなければ適当に威張りちらすか。。

こういう時に変に処世術の上手い人がこのポジションにいたりするので、さらにこの病原人は居座ってしまいます。

でもね、こういうのって下々の人間にもわかっちゃうじゃないですか?

だからみんな仕事に打ち込めないんですよ、本当の意味では。

少なくとも方向性や意味を示してくれないと動けない大衆なんですから、大企業の従業員というのは。

その代わり方向性をしっかり定めてあげたらバリバリ動きますよ。

馬車馬のようにね。。