読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あっ、こんなとこにあった!」と気付くためのブログ

奇想天外な発想の源はあなたがすでに持ってます。

ハワイ旅行・・・あと1ヶ月!(現地での電話編)

5月に予約したハワイ旅行も気付いてみれば、あと1ヶ月に迫りました…(^_^)/

嫁とは何となく気構えと準備を始めようとしていますが、イマイチ進みません。。

要するに、国内旅行との特段の違いが良くわかってないのですね。

一応二人とも、海外旅行は何度か経験あるもののです。

絶対に必要なものでまだ買ってないモノは、

・スーツケース(ひとつ大きいのを持ってますが、もう一つ追加で)

・サングラス

こんな程度かと。

あと気になっているのは、

・旅行保険と現地でのレンタカーとか送迎の予約ですかね。

 

ところで、表題にも書きましたが、みなさん現地でのお互いの連絡手段てどうされてますかね??

 

現地から日本への連絡じゃないですよ、ハワイでの国内連絡です。

例えば、ショッピングセンターなんかで別行動したり、場合によってははぐれたり。

家族での海外旅行は初めてですが、国内では別行動やはぐれることなど普通にありますので。

 

で、色々それなりに調べてみましたが、選択肢としては以下かなと。

①国際ローミングを利用して、いつもの携帯から連絡する。

②インターネットを利用してLINE(モバイルWiFiレンタル)。

③現地で携帯電話をレンタル。

④トランシーバ。

⑤公衆WiFiが使えるところだけでLINE利用。

⑥何も持って行かない。

 

調べてませんが、今時でもボイスメッセージサービス的なもの有るんですかね。。

ま、あっても使わないと思いますが。。

 

で調べた結果以下のような感じでした。

①国際ローミングを利用して、いつもの携帯から連絡する。

 ⇒発信および着信側の両方で課金される。合計で1分当たり約320円ほど。

 ⇒要するに日本からハワイの携帯に電話するのと変わりません。

②インターネットを利用してLINE(モバイルWiFiレンタル)。

 ⇒モバイルWiFiレンタル。こいつが安いところでも、1日690円。嫁と自分の分とで、2個必要なので、9日間だと約12400円。

 ⇒成田で借り受けて返却する形なので、現地でレンタルできずちょっと日数的に増えてしまう。(現地レンタルもありそうですが。。。)

③現地で携帯電話をレンタル。

 ⇒1日648円というところがありましたが、秒単位課金というメリットはあるものの、結局発着信両方で1分300円ということです。

海外用携帯電話|海外携帯、スマートフォン、WiFiレンタルならテレコムスクエア

④トランシーバ。

 ⇒セットで10000円とかお金掛けて、通話距離がやっと数十mでは話になりません。。

⑤公衆WiFiが使えるところだけでLINE利用。

 ⇒当然タダです。が、当然公衆WiFiの範囲のみです。

⑥何も持って行かない。

 ⇒どうにも困ったら、ショッピングモールのスタッフに頼むか、ホテルに電話しかないですね。。

 

ということで、嫁とも色々考えましたが、お互いケチケチ系なので、結論は⑤です。

想像するに、おそらく必要となる場面はショッピングモールくらいだろう、と。

万が一公衆WiFiが無いところで連絡が必要になったら、①で連絡を取る。

 

あとは、ホテル内のプールでも必要になるかもしれませんが、ヒルトンのプールはホテルのWiFiが届く可能性が高いのでそれも大丈夫そうだ、と。まぁ、ダメでもちょっと困る程度なので、それくらい許容範囲かな、と。

 

しかし国際電話ってまだまだ高いですねぇ。。。

 

ではまた。。。m(_ _)m