読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あっ、こんなとこにあった!」と気付くためのブログ

奇想天外な発想の源はあなたがすでに持ってます。

男と女

f:id:tomosann:20160309061438j:plain

男はね、結局子供作れないんです、今の所は。

 

このことが男と女を分けている究極の根拠かもしれません。

女性は自分の子供が自分の腹から出てきたという動かせない事実があります。

でも男性は自分の精子からできた子供だと「信じる」しかないと思うんです。

疑えるような状況だと、DNA鑑定でもしないと安心できない。

でも結局それも他人からの情報にすぎないですよね。

 

そもそも男性は自分のポジションをいわば状況や情報から作り上げるしかないという理解が根底に働いていると思うんです。

だから男性は社会的地位に固執するのではないかと。

 

「自分」という存在を確立するには「他人」から認めてもらうしかない。

でないと、自分の存在理由が失われるという「おそれ」。

 

ただここで男性にとっての朗報は、女性より体格が大きくて、力が強いということです。平均的には。

だから女性を力で従わせることが物理的には可能なんです。

もちろん暴力を振るうことを前提に生きているわけじゃないですが、力が強いというのは関係性の中で非常に重要なファクターだと思っています。

 

その認識があるから、堂々と渡り合える、こころに余裕があるから。

例えば財力でも同じです。

お金が十分にあると、精神的なゆとりも出てきて、堂々としてくるというのはあると思うんです。もちろん必ずではありませんよ。平均的にはというレベルで。

 

この力の差の使い方、認識の仕方は自分の存在理由の確立に発揮するんだと思います。

自分の存在理由が危ぶまれた際に使われてしまいやすいと。

男性は「なめられる」ことが嫌いです。

これは自分の存在理由を危うくする行為を仕掛けられるということです。

 

ゆえに女性は男性をなめてはいけません。

女性に比べれば男性は存在理由を理屈で固めなければ生きていけない生物なんです。

そこを認識して、存在そのものを否定するような発言は絶対にしてはいけないと思います。

 

特に男性は女性より下だと思いたくないという気持ちがあると思います。潜在的に。

それはそもそも存在理由が女性ほど確立していないからです。

 

生物は子孫を残す、繁栄させることを何よりの目的としていると思うんです。

そうすると、自分で子供を出産できる女性には逆立ちしたって勝てません。

そのことを先天的に男性は認識しているんです。

女性には勝てない、と。

 

これで力が弱く、体が小さければ、蟻の世界ですね。

でも違いました。

 

社会的地位が男性上位なのは、男性の強がりでもあり、男性が生きる場所がそこにしか無いからなんです。

そこでは女性も男性も存在理由を理屈でつけることができる世界だからです。

出産という男性からすれば無理なことを求められることは無い世界なんです。

だから、安心なんです。男性にとって。

 

終わらないんですやめますが、以上はこれまでの一般的な価値観だと思っています。

これが最近一部崩れ始めてきているように思っています。

 

それを平等社会と言っている人もいますが、私から言わせれば「平等バカ」です。

 

そのネタは別のところで。

それでは。。。