読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あっ、こんなとこにあった!」と気付くためのブログ

奇想天外な発想の源はあなたがすでに持ってます。

仕事なんてやめちゃえば!?

いきなりの無茶振りですみません。。

ワタシだって、仕事やめられませんよ、すぐには。

 

でもねぇ、会社に勤めてるとつくづく思うんです。

「ここで終わりたくねーな」

 とね。

 

だれでも思ってるっつーの!

 

と言われそうですが、そもそもね、

「どうして働いてるんでしょうか?」

って事なんです。

 

ここで、

「勤労の義務があるからだ!」

なんてこと言わないでくださいね。

 

さすがに働く事を否定するつもりは無いんです。

 

ここで言う、やめちゃえば?というのは、

「今の職業や就職先を考え直してみたら?」

という事なんです。

ちなみにサラリーマンを前提にしてます。

 

f:id:tomosann:20150630130213j:plain

考え直すには、そもそも何でそこで働いているのか?

を考えてみませんとね。

また再就職しても間違えちゃう訳ですよ。

 

仕事って、

お金のため

プライドのため

世のため人のため

自分の家族のため

暇だから

働かないと周囲から変なやつと思われるから

等々色々あると思います。

 

 仕事なんてそもそもママゴトですよ。

 

怒られると思って言ってますが、必要ないと言ってるわけじゃないです。

必要なんですけど、なんというか、それぞれの仕事って、その役割を演じてるだけと感じることがあるんです。

 

だって、ほとんどの仕事は「無くてもいい」仕事のような気がします。

衣食住を直接生み出す産業くらいじゃないですかね。あるべきなのは。

じゃあ、それをどうやって流通させるんだ?

って言うと思いますが、第一次産業が大勢を占めれば、そんなに大袈裟な流通は必要ないと思うんです。

江戸時代を考えてみてもいいと思うんですが、贅沢さえしなければ衣食住はそんなに困らないのじゃないかと。

 

要するに江戸時代に戻っても構わないのじゃないかと。

 

自動車や飛行機、インターネット、電車、携帯電話、、、

便利になった!

と言いますし、私もそう思いますけど、

「便利」のレベルが不必要に高い気がします。

 

「手ですくうのでなく、コップを使うと便利」

というのとは次元が違いますよね。

なくてもいい便利さだと思うんです。

 

便利になると、人はそれに頼るのを当然として、それを使うことによって、触れる必要がなくなったもの、

自動車、電車→風や草の匂いや街の雑踏・・・

飛行機→未知の国、海の広大さ偉大さ、水平線に沈む夕日・・・

インターネット→人と接する空気感、情報の軽重、一期一会・・・

 

もちろん、これら「便利」な道具によって、得るものもありますし、

ワタシ自身も今なくなったらすごく困りますが、

とはいえ、仮になくなったとしたらどうしますか?

 

ひとまず農業始めますね、ワタシは。

で、江戸時代と同じとすれば、情報源は本か周囲の人になります。

 

途端に周囲との人間関係が重要になります。

今みたいに隣の家の人の顔もろくに知らないなんて状況は無理ですね。

情報や助け合いをしないとうまく生きていけないと感じます。

 

すると周囲の人とうまくやろうと思います。

人との出会いも非常に貴重になります。

 

こう想像するだけで、世の中便利になっては来たかもしれないけども、色んな感動や情緒を忘れてしまってきているような気がします。

 

ゆえに、基本的な感動を誘うような動画、飼い猫の可愛い仕草とか、人の親切な行動とか、にちょっとホッとするのだと思います。

 

便利さってどこまで行ってもキリがないですしね。

スピードが大事!っていう方多いし、ある面正しいとも思います。

ビジネスにおいては時間が貴重ですから。

他社よりも少しでも早く行動することが重要ですし、行動することで得られる経験値は初めに行動を起こした人の方が、耳目を集めるし、二番目よりも経験則が積み上がると思います。

 

それでも、スピードを大事にする人は何か拙速だと思います。

何かをこれだと定義したら、先に進んでもうその定義は基本的に見直しもしない。

それほどじっくり考えずに先に進む。

 

そんなに急いで一体どこに行くのか?

ライバルも急いでいるからというのはあるかもしれないけど、急いだ先にみんな何を求めているのか。

 

ブータンが素晴らしいといいます。

なぜですか?

そんなこと言うなと言いたい。

 

だったら、そうなるように努力した方がいいのではないか。

 

だいぶずれてきたのでここで補正・・・

 

f:id:tomosann:20150630130233j:plain

「何のために働いているのか?」

今自分が従事している仕事は何の役に立っていると認識していますか?

 

ただ、時間と労働力を切り売りしているだけですか?

 

人生の大半をささげる、その対価は見合ってますか?

それが将来永続する保証ないですよね? 

 

 言っときますけど、ここで自立支援セミナーの斡旋とかしませんからね(笑)

 

ワタシは、

「自分の充実感のため」に働きたいです。

そしてその「充実感」は自分が他人のいくばくかのHappyに貢献できたと感じることだと思ってます。

 

これをより強烈に感じられるような仕事をやりたいです。

 

今の会社での仕事が必ずしもダメではないのですが、

エンドユーザに直接接するポジションではないので、

イマイチ実感としては感じられないです。。。

 

今の仕事をとことん極めて行って、

その先で独立できたら美しいですけどね。

でもまぁ、道途中でもいいです。

独立するのは。

 

機会はそんなにやってこないでしょうから、

その時が来たら、

ガッ!!!

とつかむつもりです。

 

そのアンテナを張ってるかどうかが人生を左右するのだと思います。

 

表題は「仕事なんてやめちゃえば!?」

でしたが、ここでお伝えしたいのは、

 

あらためて今の自分の仕事を見つめなおして、

自分の人生を見直してみて、

生きる上での目標をあらためて見定めてみてはいかがでしょうか?

ということなんです。

 

これが無いと何やっても行き当たりばったりですよ。

 

定年退職して、ボーっとした日々を過ごすんですよ。

 

今、自分が仕事を辞めてしまったとしたら、どうするのか?

金銭的な心配はちょっとだけ置いといて、

自由な時間で継続的に何をやりたいのか。

 

非常に大切な問題ですが、

周囲に聞いても以外とじっくり考え切っていると

感じる方が少なかったので。。。

 

本日もお読みいただいてありがとうございました。。。m(_ _)m